FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバーの紹介

勝部和花子(かつべ・わかこ)
09 年ドイツ生まれ男児の母。フランクフルト大学現代東アジア研究科日本語非常勤講師・日本文化普及センター日本語講師。もともとは日本美術史、博物館教育学が専門。のちに社会言語学を学び始め、今は日本語教育に携わっている。今後は、
地域のミュージアムなど社会教育機関と連携し、子どもたちの文化間理解に役立っていければと構想中。(『つなぐ』編者)

札谷緑(さつたに・みどり)
05 年と 08 年ドイツ生まれの二人娘の母。VHS マールブルク日本語講師・ギーセン大学日本語非常勤講師をする傍ら、フランクフルトの市立図書館にて子ども本読み会を定期的に開催。娘たちの日本語は自宅学習が基本で常時、壁にぶつかっている。夢は娘たちに将来「日本語が(ちょっとでも)できてよかった」と思ってもらえること。(『つなぐ』編者)

松尾馨(まつお・かおる)
03 年ドイツ生まれ男児の母。主に大学の日本語教育に携わってきたが、06 年よりギムナジウムの教師として
日本語を担当。また、本職とは別に、日本をルーツに持つ子どもたちの日本語を育てる「こども日本語クラブでんでんむし」を主宰。2 歳から 13 歳までの子どもたちを前に、体験を重視した日本語の育て方について、日々模索中。(『つなぐ』読者)

三輪聖(みわ・せい)
04 年日本生まれ男児の母。日本語教育に従事。ハレ→ベルリン→ボーフムを経て現在はハンブルク大学に勤務。かつて補習校の現場に関わっていたことがあり、複数の言語、文化を背景に持つばかりでなく、実際に複数の言語、文化の中を賢明に生きている子どもたちの現実を目の当たりにして色々と考えさせられ、現在に至る。(『つなぐ』読者)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。